書籍・雑誌

2015/09/06

絵本を‘読む’楽しみ

2週間ごとの図書館通いもそろそろ4年。

前回は母一人で行き、予約しておいた絵本を受け取ってみたら、これは間違いなく喜ぶでしょう♪と思えてウキウキ帰宅しました。

結果期待通りで、毎晩今日はこれ、明日はこれ、とワクワク楽しんでいました。

行き当たりばったりになってしまうこともままあるので、本をちゃんと選ぶ大切さを改めて感じ、気持ちを新たにしました。

日々変わっていく本人の興味に沿ったもの、それを引き出せるもの、成長の折々で触れてほしい世界、、、

世の中に良書はたくさんあるでしょうけれど、その時一番本人に響く1冊と出逢わせてあげられたら・・・ 親も日々勉強だなぁと思います。

今週は、5冊は事前に私がネット予約。5冊は本人が当日選びました。

息子の直感というのもまた大切で、思いがけず良い作品に出会えることがあります。

20150906_2

そう、今回も!!

続きを読む "絵本を‘読む’楽しみ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/31

図書館記録2013/8/31

130831_105458_p8312510

続きを読む "図書館記録2013/8/31"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/08/17

図書館記録2013/8/17

130817_105429_p8172390

続きを読む "図書館記録2013/8/17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/11

十歳のきみへ

Img_6051 11歳の姪っ子達にと思い購入、読んでみた(実は『すーちゃん』を買ったのはこの本を買いに行った時)

続きを読む "十歳のきみへ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/06

すーちゃん

他の本を買い求めた際に、たまたま手にして購入。

Img_6035

続きを読む "すーちゃん"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/04/02

課題図書

P4020024 昼間、GWに向けて読んでおくようにとメールが来たので、早速帰りにoazoに立ち寄る。

会社の帰りに寄るには近くてとっても便利。よく地形図をここで買います。

本を買うのがまた便利。

P4020019 機械に書籍名など手持ちの情報を入力すると、

P4020021 地図が表示され、

.

.

.

P4020023 それを出力すれば(私でも)簡単に目指す棚にたどり着けます。

その課題図書とは、、、

続きを読む "課題図書"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/04/28

柔らかな頬

050428_yawarakanahoho これは果たしてミステリーなのだろうか。

なぞの幼児失跡を題材にし、母親カスミの心の漂流を主軸にさまざまな人間像が描かれる。

なぞの解明が重要なのではないのだ。

もし愛する人を失ったら、もし死に逝く自分であったなら、親とは、子とは、生きるとは、死ぬとは、孤独とは、自由とは。

真実とは。

問いかけは、揺るぎない筆致で読者の眼前に突きつけられる。

=================================

「柔らかな頬」桐野夏生著/文春文庫/上 590円(税別) 下 562円(税別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/14

幸福な遊戯

050414_KOUFUKUNAYUUGI角田さん 初めて読みました

意表を衝くようなストーリー展開ではないけれど

豊かな描写力で心のひだが丁寧に描かれる

日常の中に 誰もが持っている闇の部分

すっと入り込めて共感できるんだな

自分の居場所 それはここで良いのだろうか

自分の在り方 それはこれで良いのだろうか

======================

「幸福な遊戯」角田光代著/角川文庫/476円(税別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/06

ブランコのむこうで

050406_burankonomukoude 「遅れてやってきたベストセラー」として最近の話題作ですね
確かに私も表紙に惹かれて手に取りました

寓話といったところでしょうか
短いエピソードの積み重ねで物語は進行する
子供の頃に出会っていたらもっと夢中になれたかな

星新一さんのショート・ショートは子供の頃大好きで
学校の図書館で端から借りて読みました
今でも時々思い出す印象的なストーリーがたくさんある

あのキラリとした星新一らしいショート・ショートを
久しぶりにまた読んでみたくなった
=====================================
「ブランコのむこうで」星新一著/新潮文庫/¥400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/29

ぶらんこ乗り

050329_burankonori宝物みたいに愛らしい
でも切ないような物語です
あの子のお話し
私も本当のことかなって
ちょっと信じてみたくなる
==============================
「ぶらんこ乗り」
いしいしんじ著/新潮文庫刊/476円(税別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧