« うわばき2015 | トップページ | 絵本を‘読む’楽しみ »

2015/08/27

泣かずに偉かった!

8/26㈬ お迎えに行ったらいつもの場所にいません。ん?と思ったら、、、

直前にお友達と遊んでいて顎に結構なケガをしたようで、園長室で本人・先生方共に緊迫した様子で処置されていましたshock

で、そのまま看護師の先生と一緒にタクシーで病院へhospital

外科にはこれまでご縁なく、初めての病院の救急外来です。

先生が傷を見た途端、「こりゃぁ縫わなきゃダメだな」「縫っていいですか?」

こういうの聞くものなんですか?と伺ったら、縫った途端に怒って外してくれっていう親がいるからって。そんなもの?不思議な話・・・

事が決まれば母は病室から出るように言われ、後ろ髪をひかれつつ外へ。横たわる息子。

去り際、先生が息子に「我慢できるか?我慢できるか?」って言ってた(無理な質問)。

それには無言だった息子だけれど、それから病室から聞こえてくるのは終始先生の励ます声だけで、結局最後まで一言も泣き声は聞こえて来ず、すべて終わってから先生方にとっても褒められていました。これは本当に偉かったです。

縫う前に先生に、ほら見てごらんって言われて傷口を恐る恐る見たら顎の下が見事にパックリいっちゃってて、母の方が気が遠くなりそうでしたshock

6針もcoldsweats02

20150826

男の子だからね、こんなことはきっと序の口、これからきっともっと怖いことがいっぱいあるなんだから、ってもう一人の自分が何度も囁いていました。

翌朝、保育園でお友達のママに痛くないの?と聞かれて、「病院で痛くないようにしてくれたよhappy01」ってニコニコ応えていたそうです。

そう言えば同じ朝、「もう痛いのオシマイだよね。麻酔が効いたからね。」って念を押された。

さらに、病室で麻酔の注射が終わった直後に先生から、「もう痛いのはおしまいだ」って何回か言われていたのを思い出しました(その後 縫ったのだけれど)。

「麻酔なんて知っているの?良く知っているのね」と言ったら、「だってアムールトラが・・・」

「『麻酔が効いてきたな(←番組風に)』って言われてたよ」って。

そうか。

麻酔もアムールトラ by Wild lifeで学ぶのねcoldsweats01

子どもは知っている知識を総動員して新しいことに当たるのだなぁと思った次第です。

息子の心配もさることながら、怪我の現場を見た瞬間から(明後日の温泉、、、)って思っていた母です。ごめんなさい。

|

« うわばき2015 | トップページ | 絵本を‘読む’楽しみ »

コメント

久し振りに開けてビックリ!
まちゃ君大変でしたね。
それにしても、あの小っちゃかった
まちゃ君が6針も縫う怪我をするとは・・
(変に感無量?)

投稿: topo | 2015/09/05 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51608/62165075

この記事へのトラックバック一覧です: 泣かずに偉かった!:

« うわばき2015 | トップページ | 絵本を‘読む’楽しみ »