« 恐竜ブームとお絵描き | トップページ | 『アナ雪』を観に »

2014/10/26

秋の山旅。黄葉の入笠山へ♪

Photo_3

8月の山旅のリベンジですrock

入笠湿原から入笠山に向かいます。

この一年、悪天続き(か体調不良)だったわが家の旅。今回はこの好天だけでもう大感激でした。

前回は甲府の義兄宅に前泊したらそこで高熱shock とんぼ返りでしたcrying

今回は日程の都合もあり、寄り道せずに早朝出発で計画。大きくなって来たのでそんな無理な予定にもチャレンジしてみますrock

-----------------

「お山に行くからね。朝起きたらお着替えしてすぐに出るからね。朝ご飯は電車の中だからね。」

前夜説明したからか思ったより聞きわけ良く準備が出来たものの、玄関で夫のザックが子乗せタイプではないことを発見した途端に小爆発impact

あ!分かっちゃったbleah?もうお兄ちゃんだから自分の足で歩こうね!

ふたたびスーパーあずさで甲府着。ここから車です。

8月の旅はここまでだったから私はここからは新しい体験です。

そうそう。夫と息子は先のGWに「一泊二日 男二人旅」で入笠山に一回チャレンジしていたのですshoeshoe

あの時は、私も行きたくて行きたくて!!!なので私の為に再企画してもらえた8月の旅だったのです。つまりは今回は再再企画ってこと?

ともかくやっと来られましたshine

Photo_7小一時間でゴンドラ乗り場に到着。半年前は「トラコン乗った!」って報告してくれていたけどconfident

ゴンドラを下りてスタートです。

夫によるとGW時は「あっという間に戻った」と言うことなのでどの辺りかなーと思ったら、湿原を抜けたところでリタイアだったようで、終わって見れば本当に登る手前、な感じでした。

その時は残雪もあったということだから、まぁ比較もできないのだけれど。

それを聞いていた私は今回も適当なところで戻るのかなぁ程度の気持ちで歩き出しました。

ところが湿原を越え、順調に登り始め・・・

「頂上まで行かれるのですか?」と後ろにいらした壮年のご夫婦に訊ねられ、「いえいえ、行ける所まででcoldsweats01」って、本当にそう思っていました。

子乗せザックじゃないし、すぐにダッコーって言う甘ちゃんの息子なので。

山を嫌いになって欲しくない気持ちが強いから、今は無理強いさせるつもりはなかったのです。

でもね、でもね。頑張りました!

「もうあるけないー」だの「つかれたー」だの途中何回か言いましたが、歌ったり、虫を見つけたりして気分を変えつつ、結局お水を数回飲ませただけで大した休憩も取らずに最後山頂まで登り切りました!!

Photo_2

↑山頂からは遠くに御嶽山の噴煙が見えました・・・

お天気も見方してくれたと思うし、すれ違う方々が皆さん息子のことを「頑張って!」「すごいね!」「もう少しですよ!」と応援してくださったのもかなり強い見方でした。

後、最近見た大好きなアニメ『ロボカーポリー』で、頑張って岩場を登るシーンがあって、後半の急登はそれに成り切ってだいぶ助けられましたcoldsweats01 

最後の最後は行きがけに買った『そばどら』で引っ張りましたcoldsweats01coldsweats01

Photo_6大人から見たら大した行程ではないけれど(ゴンドラ山頂駅→入笠山山頂 約60分)、一段越えるのも小さな彼にとっては大仕事な道のりを、初めて全部自分の足で山頂まで行って帰って来られたことに、母はとっても感激しました。

下りてから、「お山楽しかったhappy01」と言ってくれたもまた嬉しかったconfident

GWに同じ場所に来て出だしで引き返した夫にしてみたら、成長を私以上に実感したことでしょう。

ちなみに

  • 一番大変で嫌だと思ったのは、山頂直前の急登。
  • 一番楽しかったのは山頂とくだり。

だそうです。くだりでは息子の山でのお楽しみ「ヤッホー!」を何回もやり、転がるように下りていきました。

今回来られて、息子の成長をこんなにも感じられて本当に良かった。

しょっちゅうは来られないかもしれないけれど、これからもこうして家族で登っていたいなー。

そして今回は紅葉シーズンに山に来られて良かった!!前回、新緑時期に来られたのも嬉しかったし、やっぱり季節を肌で感じられるのって嬉しい。次回はいつになるかな。

お宿に着き、窓を開けると目の前に広がる白樺の林そしてその奥には山並みが・・・それだけで満足です。

普段都会どっぷりな生活環境なので、自然がしみじみと沁みます。

ちなみに泊まったのは区の施設です。これがびっくり立派な綺麗な施設です。せっかく税金納めているのだし使わない手はありませんねwink オススメです。

-----------

さて、もう歯みがきして寝ましょうって段になって夫が、「ちょっと待って!」と。

そして息子に「今回の旅の目的はなんだ」って。

「おかぁさんの おたんじょうび」って息子が自信なさ気に答えてて・・・

そうしたらアウスリーベのケーキが出てきましたよ!

Photo

もうビックリ!

ザックに入れて来たの???

と。

ともかく感激しました。

3日早いスペシャルなお誕生会。

ありがとうございましたshine

-----------

Photo_5翌日(10/26)はこれまた8月のリベンジでブドウ狩りをしましたhappy01@甲府

もう時期外れだから無理かなぁと思ったら、大丈夫でしたscissors

お世話になった早川園さんは11月10日までとのことで、ギリギリ間に合いました!

こちらは採り放題というのではなく、採ったブドウの重さで代金が決まります。世界のブドウということで、40種程ある中で10種位紹介していただけます(今回写真の量で2,200円でした。もちろん食べきれず大半持ち帰りましたlovely)。

説明を受けながら2家族で回ったのですが、もう一組は小学生の男の子とご両親で、その男の子が脚立に乗ってハサミで切る役目を担っていました。わが家は最初は夫がやりましたが、2回以降は息子もチャレンジhappy01

うちでは、私が目を光らせながら子ども用のはさみを持たせて折り紙チョキチョキ程度だったのに、脚立に登って大人のハサミでブドウ狩りが出来ていることにまたまた母は感激しました。Photo_4

こんなことももう出来るのだなぁって。

旅は日常とは違う体験を通して、普段見られない息子の成長を私たちに見せてくれます。やっぱり旅って良いなぁ。

小さな旅だったけれど収穫いっぱいの大きな旅になりましたconfident

またどこか、行きたいね。

|

« 恐竜ブームとお絵描き | トップページ | 『アナ雪』を観に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51608/60576228

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の山旅。黄葉の入笠山へ♪:

« 恐竜ブームとお絵描き | トップページ | 『アナ雪』を観に »