« 保険証 | トップページ | はじめての外出 »

2010/08/13

助産師さんの家庭訪問

Img_0227 助産師さんが我が家を訪問。自治体から派遣されてみえました。

昔ながらの計測機器にちょっとびっくり。当然デジタルベビースケールだと思っていたら正に‘測り’と言う感じcoldsweats01
  • 体重  3,250g
  • 身長  51cm

Img_0228わが自治体の基準は、体重25グラム増/日とのこと。この基準は様々で、もっと緩い場合もあるそうです。自分としては退院後、完全母乳を目指して足しているミルクを少しづつでも減らすようにと考えていたけれど、逆に基準に従って一日150cc~180cc足すよう勧められてしまった。

出産するまでは大して意識もしていなかった『母乳育児』。それが不思議な物で出産していざミルクを足しましょうと言われると襲われる罪悪感のようなもの。オッパイ問題は、いまや私の最大の悩みとなっている。これは本当に予想外だった。

私たちの親の世代は、ミルク育児が推奨されていた時代。それが今では『母乳礼賛』が世の流れ。母乳で頑張らないとと焦る気持ち、これは妊婦時代に培われた気持ちなのだと思う。

そしてどうやらこれは産後多くの母親が襲われる心理状態のようだ(私の周りの先輩ママに聞きまくった)。

頑張れば完母になれる可能性が高いのだから安易に足すべきではない VS  順調に成長することがまず大切なので足すべき

本を読んでも人に話を聞いても、立場に寄って主張は様々で混乱させられる。

でもミルクをあげることの抵抗感は、今回免罪符を得たようで、少し気持ちが楽になったような気もした。

とりあえず、一ヶ月健診まで(後2週間)は言われたようにやってみようと思った。

|

« 保険証 | トップページ | はじめての外出 »

コメント

あの秤にはビックリしますよねsweat01『今どきコレ!?』と衝撃でしたdash『吊される我が子』を見ながら、私は『昔の八百屋さんみたい…』と思ってましたsmile(笑)

投稿: ほんぱん | 2010/10/19 22:53

うんうん、わかる、その罪悪感。みなにミルク足しなさいって言われてもムキになって母乳でがんばったよ、最初の2ヶ月は。けど私も助産婦さん(訪問)やお医者さんの話きいて、ミルクをあげるのに抵抗するのやめたbleah
まったく母乳0になるわけじゃないし、お腹いっぱい満足してくれたほうが子供もハッピーなはずって考え方変えた記憶が…

投稿: seiko | 2010/10/20 17:06

☆ほんぱんちゃん

そう!本当に「昔の八百屋さんの測り」って感じでした!全国的にああなんでしょうかねー。これで正確に測れるのかしらと思ってしまいました。

☆seikoちゃん

ありがとう。あまり楽しくないであろう記憶をシェアしていただいて。
そう。みんな悩んで葛藤して、そうしてどこかで折り合いを付けるみたいよね。自分が納得する方法が一番良いみたいなんだけれど、それがまた難しいわよね。

投稿: あや | 2010/10/25 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51608/49229389

この記事へのトラックバック一覧です: 助産師さんの家庭訪問:

« 保険証 | トップページ | はじめての外出 »