« 16w1d この新たな命について | トップページ | 17w5d 回復し、久しぶりに会社へ »

2010/02/12

16w2d 初めてのピンチ

昨日お昼過ぎから気になっていた下腹部の痛み。夜になってひどくなり、眠れない。時計を見ると数分感覚でやってくる。病院へ電話をし、夜明け前にまぁやと病院へ向かう。起き上がるのも着替えるのも歩くのもやっとの思い。

タクシーで10分の病院に、そして当直産科医が必ずいることに感謝。

診断は 「子宮筋腫の炎症」

嗚呼、と思う。

子宮筋腫は妊娠中に悪さをする可能性あるのは最初から知っていたけれど、何事もなく過ぎてしまう場合もあり、それを願っていた。けれど、現実は甘くはなかったと言う訳だ。

一方で赤ちゃんの無事は確認され安堵。

少なくとも1週間は自宅で安静に、との指示。悪化した場合、流産の可能性があるので入院になります、と。

安定期に入って、やっと流産の悪夢から逃れられると安堵しかけた矢先にまたこの二文字。嗚呼。

今週頭から会社には行っていないので、丸々二週間もお休みすることになるのもかなりショックだけれど、それより何よりお腹の子どもだ。私たちの中では失うにはもう余りにも大きな存在になってきてしまっている。

とにかく安静に。

タイトルを「初めてのピンチ」としてみたけれど、このピンチを切り抜けて、このタイトルが願わくばこのままでありますようにと願うばかり。

携帯にて。

|

« 16w1d この新たな命について | トップページ | 17w5d 回復し、久しぶりに会社へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16w2d 初めてのピンチ:

« 16w1d この新たな命について | トップページ | 17w5d 回復し、久しぶりに会社へ »