« 200,000 | トップページ | 雲取へ ~陽だまり山行① »

2007/11/27

ヘクセンハウス Hexenhaus

一昨日家に帰ると、壁や屋根が焼きあがっているところでした。

昨夜帰ったら、壁に壁画を描いていました。

そして今日!

できてましたねー、ヘクセンハウス。

Img_4528

ヘクセンハウスとは「魔女の家」の意味。グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるお菓子の家です。

特注品なので必ずしも作るとは限らない商品。それだけに、作っていると「おお!」と思う。

夢のある商品だから、見ているだけで幸せな気分なりますよ。

Img_4544_3 だからかな。大人のギフト需要もあるようです。

この商品。梱包方法がポイントなのです。こんなちょっとでも衝撃を与えたら壊れそうな商品、どうやって運ぶの???って誰もが考えると思うのですが、さてどうするか。

それは宅急便の人にも中が見えるように梱包するのだそうです。そうしたら否応なく丁寧に扱わざるを得ないんですって。これで今のところ事故率ゼロだそうです。以前メグミから聞いて、発想の転換だなぁと至極感心しました(※宅急便さんにご迷惑かかるので真似しないでくださいねー!)

そうそう。発送といえば今週に入りとうとう発送を開始したアドヴェントカレンダーですが、すでに完売となっているようです。

すごく手をかけて大事に作られてきたアドヴェントカレンダーだから、24日間たくさんの方に楽しんでいただけると良いな。100戸のご家庭それぞれのキラキラな日々を一緒に彩ることができますように。

12月24日の箱に何が入っているか。 

どうぞ聖夜までお楽しみに(^_-)

|

« 200,000 | トップページ | 雲取へ ~陽だまり山行① »

コメント

お菓子の家、憧れたなあ・・・
本当に見ているだけでうっとりしてしまう
素晴らしい作品ですね。
食べてしまうのがもったいないくらい。
でも、食べたい!
めぐみちゃんの発想の転換は素晴らしいね。
芸術家はやっぱり普通の人とは感覚が違うから
思いも寄らない方法が思い浮かぶのね、きっと!

投稿: 飛鳥 | 2007/11/30 00:54

あやさん
めぐみさんのお菓子、素敵すぎて目が釘付け!!
もったいなくて食べられそうにないですね!でもきっとすごく美味しいのでしょうね!

梱包のこととかもものすごく考えていらっしゃるのですね。ひたすら尊敬してしまいます!

投稿: happy | 2007/11/30 06:18

すばらしい! お菓子のお家ですね。
写真を見ただけで、感動、ため息。
楽しそうなお貸しですね。

配送についての発想の転換。明るくて、ナイスです!

投稿: Sumiko | 2007/11/30 09:18

☆飛鳥ちゃん

これはレープクーヘンってクッキーでできているよ。普通のクッキー(?)と違って建材向きなシッカリしたクッキーです。
私の感覚では、ヘクセンハウスは食べるというより飾る意味合いの方が強いかな。去年から一年中飾ってあるのですが、大丈夫でしたよ^^;

メグミが芸術家かどうかは「?」です。学校の美術なんかも普通だったみたいだし。たぶん飛鳥ちゃんの方が絵描いたらきっと上手だと思うよ。でも、お菓子の仕上がりを見るとそのセンスはやっぱりすごいなって思うから、人の才能って言うのは学校の成績とかでは簡単には計れないものなんだなって改めて思うよね。

投稿: あや | 2007/11/30 12:22

☆happyさん

遠くオランダからのコメント、ありがとうございます(*^_^*)
happyさんもお忙しいのですから、どうぞこちらのことはお気になさらず^^

happyさんも今はお一人で作って販売されていらっしゃるので、メグミの仕事に何か共感を得ていただけるかな、そうだと良いな、などと思っています。

クリスマスまで大変でしょうけれど、頑張ってください!

来年の新しいお仕事のスタイル。大いに期待しています!

投稿: あや | 2007/11/30 12:45

お昼休みでっす!
そうかあ、確かにレープクーヘンだと固そうですね。私もニュルンベルクの好きです。
チョコのハウス、素敵!大きさが知りたいです。私も子供の頃、ヘンゼルとグレーテルの絵本読みましたが、ストーリーよりひたすら、こんなお菓子の家ないかなあ、と思っていたのを思い出しますよん。

ああードイツに行きたいなあ。

投稿: かみーゆ | 2007/11/30 12:54

☆Sumikoさん

お忙しい中わざわざお立ち寄りいただきコメントまでありがとうございます。感激です!

Sumikoさんには色々とおうかがいしたいことあるのですよねー。
今度またメールさせていただきます^^

NHKの番組録画してもらったので今度拝見します!けど分かるかな?とか、ゼリーのお味はいかがでしたか?とかとかとか。。。

また良かったら遊びにいらしてください♪

投稿: あや | 2007/11/30 13:05

すごいですね。お菓子の家って、なんか昔の絵本にあったなあ・・・・それを作ってしまう妹さんを持っていらっしゃるなんて、凄いなあ。
でも、食べるもんじゃなさそう?
夢があって、夢を売るって感じでしょうか。

投稿: MINMIN | 2007/12/01 10:11

☆かみーゆ

>確かにレープクーヘンだと固そうですね。

そうそう。日本で馴染みのあるクッキーとは違うけれど、でも味わいがあるよね。クリスマスだなーって感じがするし。
にしてもニュールンベルグのが好きだなんてサラッと書くわねー(*^_^*)なんていってもレープクーヘンの発祥の地ですものね!

http://www.cmajapan.com/foods/foodstuff/20051115/index.html

ヘクセンハウスの大きさを測る件。実は私も妹に先週頼んだいたの。まさにタイムリーな質問でした。でも忙しそうだからまだみたいなので、と言うか自分で早々に測りまーす。
HPに大きさ載せた方が親切だなって思っているので。結構大きくて立派だからそこのところもお知らせしとかないとね(^_^)v

☆MINMINさん

そうですねー。どちらかと言うとディスプレイしていただきたい作品です。
でももちろん食べられますよ。
魔女とエンゼルとグレーテルと煙突から出た煙と窓の飾りに使ってあるレースペーパーと、、、食べられないのはその程度でしょうか。
屋根にはアウスリーベのお馴染みのクッキーが貼ってあって、それが美味しそうだなぁといつも眺めています(笑


投稿: あや | 2007/12/03 09:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘクセンハウス Hexenhaus:

« 200,000 | トップページ | 雲取へ ~陽だまり山行① »