« 登り隊忘年会 | トップページ | たかが切手 »

2006/12/11

Weihnachtsgebäck ウ゛ァイナハツゲベック

Img_2841 .

.

.

.

.

.

.

.

.

ご存知の方はあるだろうか。ドイツで作られるクリスマス用のクッキー。レープクーヘンなら知っている人も多いかも。色々な種類があって、一つ一つに宗教的な意味があるのだそうな・・・。

  • 左前 : Anisplaetzchen アニス入り。
  • 左後: Springerle 奥の型で押して焼いたもの。
  • 右奥: Zimtsterne 星型。ナッツたっぷりで表面はグラス。
  • 右中: Butter-S S型。(星型とS型が多いらしい。なぜ?Sternだから?)
  • 右前: Moekle イエス様のおくるみを象ったもの。

異国の伝統的なお菓子だけに、日本人受けするのかと言うと微妙だけれど、私はスパイシーだったり独特の食感だったりといった、少々癖のある感じがかえって気に入っている。

昔、シュトーレンを手に入れるのが難しかったように、今の日本でこのお菓子を手に入れるのは難しいに違いない。そうしてこういったお菓子を作るのもまた、aus LIEBEの真骨頂のように思う。

とは言え小さなこのお店。一年で最も忙しいこのクリスマス時期に、手間隙かかるクッキーを何種類も作るチャンスは実はなかなかないものだ。

だから今年、ご注文いただいて作ることになったと聞き、まずはご注文いただいたことをありがたく思った。このお菓子のことを理解し、たぶんお贈り先にもその意味を説明し、受け取られた方がまたその意味を理解し、、、。何かを伝えるのって一人だけではとても無理で、たくさんの人々の相互作用で成り立っているんだなぁ。

メグミにもドイツ文化の継承者としての自負があるのだろう。今年も作ることができたことに、少なからず満足しているように見えた。

|

« 登り隊忘年会 | トップページ | たかが切手 »

コメント

私は今年初めてこの「クリスマスクッキー」を知り、そしていただきました♪
お節みたい!・・・というたとえも、納得です。アニスは強烈だったけど、この時期になると食べたくなるかも?!なんて思いながら
味わいました。

投稿: さくらんぼ | 2006/12/21 21:24

☆さくらんぼさん

そうですね。季節でいただくものって、それが美味しいかどうかもさることながら、その行為自体を今年もつつがなく行えることに意義があるのだと思います。せっかくドイツ菓子を身近に過ごしているので、その国の文化としてのお菓子を味わえたらと思っています。

投稿: あや | 2006/12/23 09:33

初めてコメントします。
アウスリーベファンの祐(mixi)です。
素朴な外観で、意外なお味のこのクッキー。
ちょっとやめられない感じで気に入りました。

投稿: 祐 | 2006/12/27 16:16

☆祐さん

いらっしゃいませ!
mixiの方がこっちに登場するとなんか不思議なテレ感がありますね。
いつもメグミの応援ありがとうございます。
祐さんもヴァイナハツゲベック気に入られましたか。なんとも言えない味わいがありますよね。昔から受け継がれてきたものへの憧憬もあるかもしれません。
なんでもそうですが、変ることと変らないことと、両方大事にしたいですよね。

投稿: あや | 2006/12/28 22:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Weihnachtsgebäck ウ゛ァイナハツゲベック:

« 登り隊忘年会 | トップページ | たかが切手 »