« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006/08/31

後輩

今日でわが社の美しきプリマ、ゆうちゃんが退社した。先日入籍したご主人とハワイに移住するのだ。

2000年4月に新入社員で登場してから6年と5ヶ月。一緒にお昼を食べたり、おしゃべりしたり、悩みを聞きあったり。

あっという間だったな。

そうして今ではすっかり会社の要となっていたので、そういった意味でもとても残念。

どうかかの地でお幸せに。P8310118 バレエがきっと共通言語になってくれるはず(英語堪能だけど)。

→わが部署有志で贈った。ゆうちゃんは今は別の部署だけど、大人気!

続きを読む "後輩"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/28

お留守番

メグミの留守中、私の役目は一応お店のメールをチェックをすること。簡単なお返事をしたりカタログを送ったりするのだ。

しかし週末出かけてしまったので、4日間も空いてしまった(←役立たず)。明日メグミが戻ってくるので、今夜は何としてもやっておかねば。

すると、、、

続きを読む "お留守番"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/27

登山学校(中-10) 実技講習 沢のぼり②2日目~利根川水系 宝川ナルミズ沢 

P8270076 3時半起床。5時15分出発。

予想通りお天気はあまりよくない。

.

.

.

.

.

.

.

続きを読む "登山学校(中-10) 実技講習 沢のぼり②2日目~利根川水系 宝川ナルミズ沢 "

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/26

登山学校(中-10) 実技講習 沢のぼり②初日~利根川水系 宝川ナルミズ沢 

P8250004

久しぶりに泊まりの沢。心配と楽しみと両方。今回は中級と初級と別々。初級は去年の我々と同様、釜の沢に行っています。

今回はY本さんにいただいた資料のお陰で下準備(※)もバッチリ←と言うかやって来るのが基本・・・

※沢への地図準備

  1. 1/25000の地図の必要枚数を大手書店にて購入(今時はカシミールかも)。
  2. 地図に4㌢幅の磁北線を鉛筆で引く。必要ヶ所を張り合わせて1枚の地図にする。200%拡大コピー。沢と谷の色塗り。
  3. 新しめの遡行図を入手(書籍やネットで)。
  4. 先の地図に遡行図の情報を書き入れる。
  5. ジップロックに入れる。完成!

P8260005 初めてのステビバ(ステーション・ビバーク=駅構内でごろ寝)@JR湯檜曽駅はなかなか快適(水が取れて雨風凌げれば快適なのだ)。他にも数組宿泊していた。

起床後、車で移動し宝川のゲートへ。結構車が多い。沢はビバークポイントが限られている上に、この大所帯(生徒9名、講師2名)。今夜の寝場所確保に一抹の不安が、、、。

続きを読む "登山学校(中-10) 実技講習 沢のぼり②初日~利根川水系 宝川ナルミズ沢 "

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/24

答え

Pierrots これは「問題」の答えです。

続きを読む "答え"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

問題

P8250015 なぜ私はこれを買ったのでしょう。(知ってる人は書いちゃダメ)

続きを読む "問題"

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/08/22

登山学校(中-9) 机上講習 登山の運動生理学

P8220008 机上講習後、21時より週末の沢実技の打ち合わせ。今回は利根川水系 宝川ナルミズ沢というところに行く計画。つまり谷川の辺り。泊まりの実技は打ち合わせも熱が入ります。

P8220007 かみーやから富山のお土産。剱後富山に行ったという。いつもかみーやに会うとちょこっとしたモノをいただく。気遣いの人だなぁ。

===========================================

富山の代表銘菓月世界

卵と和三盆と粗目で作られた淡く甘い干菓子。軽く乾いた食感が口に入れた途端にゆっくりと溶け出します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/21

メグミ出発する。

P8210006 明け方に出発。

年に一回の旅だから、ぜひ実のあるものに。

1年分の英気を養ってきてね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/19

安全登山御守

P8190001 奥多摩駅前の大木戸稲荷の御守。やはり奥多摩駅前の観光案内センター(?)で買えます。

でも、御守は、「買う」とは言わないのですよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/18

愛しのクリコちゃん

P8180153

モグとreikoのブヒ日記でおなじみのreikoさん(メグミの同級生)が、可愛いパピーを飼い始めたとブログで知り、これはちっちゃいウチに見ておかねば!とメグミとお宅にお邪魔してきました(というか私は便乗)。

モグだって小さいのにもっとちっちゃくってフラフラしていて、赤ちゃん声で鳴いていて、すっごく可愛かったです!お姉さんらしくお相手をしてあげているモグさんとの姿がまたなんとも微笑ましいものでした。

P8180159

こちらに来た10日程前はもっとふにゃふにゃだったそうで、小さいうちに見ておかなくては!と無理やり押しかけてしまった我々姉妹だったけれど、この貴重な時期を見逃さなかったのはやはり大正解でした。

続きを読む "愛しのクリコちゃん"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/15

Suicaの恩恵

P8160138 帰ってきてまず最初にやったこと。それはもちろん定期の再発行

私の定期は総額17万円強/半年。数年前にひったくりにあって定期を失った当時は、Suicaなぞなかったので丸損だったけれど、今回はSuica。再発行のシステムがあるのを知っていたのでショックも少なくて済みました。さてどうやるかと言えば、

続きを読む "Suicaの恩恵"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/14

剱岳から戻りました。

P8110014素敵な仲間たちと過ごした4日間。

この夏の良い思い出となりました。

(これからちょっとづつこの下に書いていきますので、時々覗いてみてくさい)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

「登り隊」剱岳⑥ 剣沢~室堂~帰宅

P8140117 朝。今日は2時に起きる必要もなく幸せな朝。

→手前の赤いテントが我らのBC

P8140115 P8140125 よーいち君もぐっさんもよく寝ています。まぁやは一人起き出してお花の撮影。

続きを読む "「登り隊」剱岳⑥ 剣沢~室堂~帰宅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/13

「登り隊」剱岳⑤ 剱岳山頂~剱沢

下山は一般登山道。そう。若干そのことで私は剱の下山を甘く見ていたのかもしれない。それと源次郎を終えて気持ちがそこで切れてしまったのかもしれない。頭ではまだ下山があるぞ、と分かっていても。

「こっこれが一般ルート???」

何度この言葉をつぶやいたことか。

続きを読む "「登り隊」剱岳⑤ 剱岳山頂~剱沢"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「登り隊」剱岳④ 源次郎尾根~剱岳山頂

P8130067_1 本日もまた2時起床。何だかんだで04時15分出発。剱沢を通過する頃には随分明るくなり、ヘッデンはいらなくなった。昨日と違って朝の剱沢はツルツルでアイゼンは必携だった(私の場合)。

P8130068_1 取り付き05時半。既に数パーティが取り付いており、待ち状態になっていた。

続きを読む "「登り隊」剱岳④ 源次郎尾根~剱岳山頂"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/12

「登り隊」剱岳③ 剣沢にて停滞

P8120033 翌朝(まだ夜?)2時に起きて、『どうなるんだろう』と思いながら準備。さぁ、行ってみるかとテントを後にしようとしたその瞬間に雨。停滞決定となった。

→朝5:30の剱

続きを読む "「登り隊」剱岳③ 剣沢にて停滞"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006/08/11

「登り隊」剱岳② 室堂~剣沢

P8110005目覚めるとそこは標高2,450㍍。

4-5年前かっきーと初めて室堂に来た時、この標高を観光客がパンプスにコートのスタイルで普通に歩いている姿に驚いたものだ。人が気軽に入れる領域では本来ないと思っているのだけれど。まぁ、ヨーロッパの観光地を思えば可愛いものか。

P8110009 天気は快晴。今日は剣沢に入るだけの予定なので気が楽。のんびりと久しぶりに訪れた北アルプスのこの空気感を楽しみながら歩く。

→雪渓が一杯残っていて不思議な模様となっている。

続きを読む "「登り隊」剱岳② 室堂~剣沢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のぼり隊夏休み企画

のぼり隊夏休み企画

いってきます!

あや@むろどう

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/10

「登り隊」剱岳① プロローグ

22時半新宿発の「さわやか信州号」にて一路立山へ。目覚めたら室堂、、、のはずだったのに、最初にとんでもないことが起こってしまった。

バスに乗る直前にお財布が無いことに気付いたのだ。ほんの数分前にコンビニで使用したというのに。

山に入るときの鉄則は、余計なものは持たない。所持金もしかり。カードなんてもってのほか。

しかしこの事態になるとこの鉄則は災いする。さらに悪いことに私は2人分の旅費(4万何某)を持っていたのだ。残り3人の予備のお金を集めても二人分の旅費は厳しいだろう。無念、ここでみんなを見送るのか、、、

しかし捨てる神あれば拾う神あり。ぐっさんが3人分まかなう位のお金を持ってきていたのだ。

良かった!助かった!

こうしてぐっさんのおかげで私も何とか皆と一緒に出発することができたのだった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

剱岳雑感

新田次郎氏の本『点の記』を読んで、剱に惹かれたのはいつだったろう。

そう、あの時3人で立山に行きましたね。

過去ログを見て、あると思ったのになかったから、あれはもう3年前の秋でした。

今回直前にお仕事が非常に忙しくなっていたり、体力がないことが不安だったり、とにかく自分の気持ちに余裕がなくなっていた。

でも、先週くらいかな。

ふと思い出した。

あの時、別山から、剱御前小屋から見た、あの剱岳の雄姿を。

本で読んで、憧れと畏怖の念を抱いて、私たちはあの姿を見に行ったのですよね。

私は、その他を寄せ付けないような猛々しい姿を目の当たりにし、心揺さぶられる思いでした。

こんな山には私は一生登れないだろう、そう思った。

そう。

私は、そんな想いをもって眺めた、あの剱に登ろうとしているのだった。うっかり忙しさにかまけて、そんな大事なことを忘れてしまうところだった。

大事にしていた山に登ろうとしていたことを、ギリギリ思い出せてよかった。

畏敬の念をもってあの山に臨もう。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ランラン♪夏休み

今日から念願の夏休み。まずはひとっ走り。

実は台湾から戻ってきたら雨続き。ここに走るぞ、と書いた割には実践していなかったのです。

P8100003 しかし暑い!そう言えば先週はかなり涼しかった。これはだいぶ負担が違います。でも明日から暑い陽射しの中を歩くのだから、ここでガンバラネバ!と思う。

時間の制約がいつもよりないので、江ノ島のヨットハーバーまで行ってみようかと思っていたら、ランナーの皆さんは島の山門を上がっていくようだ。誘われるように上がってみる。

続きを読む "ランラン♪夏休み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/08

ミッフィー絵皿の行方

いつまで経っても応募用の台紙には4点シールが1枚。

先週後輩のゆうちゃんにその話をしたら、いない間に周りの方に声をかけ、シールを集めていてくれました。

貼り合わせてみると・・・

続きを読む "ミッフィー絵皿の行方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

また台湾へ

また台湾へ

ちょっと行ってきます。
初めて新第一ターミナルから搭乗です。まごまご。

(コメント色々ありがとうございます。
お返事は6日以降にさせていただきますね〜)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/08/02

とにかく前に

P8020007 昨日、思い立って朝走ってみた。片道15分で海岸線に着いた。

今朝はさらに10分延ばして往復40分。江ノ島へ。

夏の山を前に、最近山を歩いていなくて体力の低下が気になっていたから。

ちょっと走ったからって大して意味が無いのはわかっている。でも焦って悩んでいるのなら、ちょっとでも前に向かって走っている自分の方が好きだな、と思った。

今与えられている仕事はどう考えても私には手に負えない。立ちはだかるピークはいつもただの偽ピーク。精一杯で越えても先は続くよ。

まだ簡単なことは言えないけれど、でも立ち止まるより、一歩でも前に向かって走らないとダメなんだ。そう思わないと、と自分に言い聞かせる。

落ち込むばかりの私に、そんな気持ちをくれた朝の海だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/08/01

マタニティマーク

先日新聞で読んだマタニティマーク入りキーホルダーは今日が配布日。

早速お昼休みに近くのJR神田駅へ。配布場所を聞くと、「東京駅のお客様相談室へ行ってください」とのこと。主要な駅で配布されるのかと思っていたら、東京駅だけ? これでは、絵に描いた餅になりかねないなぁと思いつつ、そのまま電車に飛び乗る(後で知ったが私鉄、地下鉄は各駅で対応とのこと。やはり国鉄・・・)。

P8010017 東京駅でお客様相談室の場所を聞くと、そこは地下の大手町に近い改札口の側にあった。かなり隅っこで分かりにくいのでは。

続きを読む "マタニティマーク"

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »