« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

Auroraさん現る!

いつしかここに遊びに来てくださるようになったAuroraさん

前々から「ジムにでもご一緒しましょう」と話はあったもののなかなか予定が合わなかった。しかし、とうとう今夜実現することに!

体系や風貌等教えていただいていたものの、初対面。ドキドキです。

先に到着していたさんべさんと、ジムに新たに人が入ってくる度についついそっちに目が・・・。ポイントは『黄色いシャツ』。それにしても水曜のジムはこれまで見たこともないような混みようです。果たして出会えるのか?

続きを読む "Auroraさん現る!"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/28

丹沢クリーンハイク

P5280045 去年からお世話になっている学校の母体である某山岳連盟が、年に一度行っている全所属山岳会をあげての一大イベント“丹沢クリーンハイク”。 いわゆる清掃登山に参加してきた。

学校同期Y本さんは真っ赤なマイ・トングを持参→

こんな悪天の中、ヤビツ峠へ向かうバスは満員。予定していたバスに乗り切れなかった。ものすごい人が今日一日丹沢に入っているのだ。

続きを読む "丹沢クリーンハイク"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/24

帰ってきました。

ちょといなかった間に

コメント一番、両方とも×でした。残念。

二人とも頑張って長く続けてね!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

長岡健一さんの机上講習

去年「また机上講習もやらないとなぁ」とおっしゃっていました。第一回は明日です。明日は行けるか分からないけれど、年末まで定期的に開催されるようなのでなるべく参加したいと思っている(会社から近いし)。

詳しくはこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロクシタン シアバター

P5250037 ほとんど何もお買い物はしなかったけれど、初めて機内販売を利用してみた。

L'OCCITANE SHEA BUTTER

直径4センチ/8ml

先日Auroraさんのブログで話題になっていたのを思い出し購入。厳しい山に入っている女性が冬山の乾燥対策としてお勧めされていたのだ。

でも試すのは来シーズンになるけれど。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006/05/23

終わって

一触即発だった会議も終わり、色々片付いて夜11時近くにホテルに帰るとモニカが待っていてくれた。

P5240023結局私は全然役に立たなかったし、先行きに不安は多いけれど、まぁとにかく帰るまではホッと一息つこう。

先日ジムでひとつのスタンスにどうしても立てなくて、「もう降りたい」と言ったら「落ちもしないで降りたいなんて言うな」と叱咤された。ここ数日、その一言を何度も思い出していた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/22

Fax letter

ホテルにチェックインすると、フロントにファックスが届けられていた。P5230013 

Monicaからの激励のメッセージだった。

弱気な私をいつも応援してくれる優しいモニカ。前の担当者だ。

愛らしい人だけれど、周りにそうは見せずにすごく努力してスキルアップしている。

いろいろな意味で彼女の存在はすごく大きいのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いってきます。

いってきます。

沖縄+α位かな。

朝の空港はすごく混んでいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/20

「登り隊」セルフレスキュー勉強会@鷹取

P5200004 活動立ち消えにはならなかった。

皆でセルフレスキューの勉強会を行った。担当課題は持ち回りだ。

今回は別の意味でお天気が気になるところだった。なぜなら「雨天決行」。雨でも救助はできなくてはいけないから。前夜まで、土砂降りの中でずぶ濡れで登り返しをしている姿を想像していた。

続きを読む "「登り隊」セルフレスキュー勉強会@鷹取"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/17

慌てて購入

Img_2729 来週、台湾へプチ出張することになった。前回会議を聞き取れず、帰ってからかなり苦労をしたことを思い出し急遽録音機器を買いに行った(私は英語が大の苦手)。

SONYのICレコーダーにしようかと思ったけれど、より小さくて容量も大きくて何より簡単そうなOLYMPUSのボイストレック V-40にした。色もきれいだし(結局そんなものよね。女性の買い物って)。

でも帰って実験してみたら、音がキレイで感激。仕事の為に買うにしては結構良いお値段だったので、せっかくなら活用しよう。音楽プレーヤーとして使えるので早速CDから落としてみた(あっちで話題にできるかも、というメグミのアドバイスの元)。

思わぬお気に入りグッズになるかも?!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/14

Mother's day

P5140105 夕方、出先から大船駅のお花屋さんへ立ち寄る。

誰しも考えることは同じなのか、大行列。

「こんな時にすみません、、、」とアレンジメントをお願いしたところ、快く引き受けて丁寧に可愛く作っていただき嬉しかった。

帰宅後メグミにその話をすると、「お客様をお待たせしているときはいつも、『お花屋さんのように・・・』と考える」とのこと。お花屋さん=たとえ待たせても丁寧に落ち着いて作業をしている、というイメージがあるようだ。

Img_2725→毎年ふたりでご近所のA野さんに差し上げることにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

「のぼり隊」の行方

仲間内で結成。目標をもってみんなでスキルアップしていこう!という企画だ。が・・・。

第一回の三つ峠は雨天により敢えなくジムへ転進。気勢をそがれてしまった。

さぁて、どうなるかな?P5130094

立ち消えにならないように、あえてここに書いておこう。

→転進のおかげでさんべ一家が参加

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/05/07

初めてのバリエーションルート

北穂東稜に連れて行っていただき、バリエーションの洗礼を受けてきました。とりあえず下山報告まで。

P5060075

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

=============================

バリエーションルート

一般の縦走路から外れた、沢筋や岩壁、冬期登攀などのより困難な登山路。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

GW 北穂高岳 東稜 ③ 

【コースタイム】3:00起床、テント撤収、5:00出発~7:20横尾、50発~9:00徳沢、15発~10:05明神館、15発~11:00河童橋~11:15上高地バスターミナル

『これは雪ではないな・・・』夜中にテントにバラバラと当たる雨音で何度も目が覚めた。前夜からみんな覚悟はできていて、とにかく早く危険地帯を抜けようと話し合っていた。でも夜中からここまで大降りでは気分も滅入るというものだ。3時起床。

P5070090

→後ろにもデブリが、、、

続きを読む "GW 北穂高岳 東稜 ③ "

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/06

GW 北穂高岳 東稜 ② 

【コースタイム】3:00起床、4:50発~5:40北穂沢、6:10発~8:00北穂東稜線取りつき~11:00ゴジラの背核心部~12:00北穂小屋~12:15北穂山頂~北穂沢~15:00涸沢

3時起床。4時50分、涸沢小屋の右脇から北穂沢を登り始める。外はもう明るい。

広い急な斜面を登る。息が切れる。途中のわずかな藪を利用して斜面での休憩。「ザックにもセルフビレーを」と言われる。確かに。手を離したらまっさかさまだ。

出発しようという時に、一般ルートから北穂を目指すカテ様のパーティが登ってきた。取り付きまでは一緒なのだ。私にしたら、『一般ルートでこんな急斜面なの?』という気持ち。

P5060040 一旦ゆるやかな斜面に出る。そこから一般ルートと分かれるのだ。

→MMが私にコンテ準備。お世話になります。。。後ろは前穂

続きを読む "GW 北穂高岳 東稜 ② "

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/05/05

GW 北穂高岳 東稜 ① 

【コースタイム】6:40上高地出発~7:25明神館、35発~8:30徳沢、45発~9:50横尾、10:20発~11:50本谷橋、12:10発~13:00横尾谷~14:40涸沢

P5050005_1GWも終盤だけれど、私にはここからがGW本番。今回人に聞かれると、「涸沢あたり」とか「穂高あたり」とか言っていたのは、実は「(私が)東稜に行かれるかどうかは涸沢までの様子をみて決めよう」と言われていたから。計画書では「北穂東稜」となっていたけれど、半ば「涸沢でテントキーパーかな」と思っていた。だって自分の素人っぷりはよくわかっている。バリエーションの世界は、遠い遠い遥かかなたの場所にある。

続きを読む "GW 北穂高岳 東稜 ① "

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/05/01

たらの芽

Img_2698 栃木に暮らす大学時代のお友達、てんこちゃんから自宅で育てた「タラの芽」が送られてきました。湿らせた新聞紙に丁寧に包まれて、春を待って大切に育てたのが伝わってきます。お子さん達が摘んだのかな、などと想像しほのぼの。

今夜はメグミが頑張って天ぷらを揚げてくれました。都会ではそうそう手に入らない、野趣溢れる春の味。Img_2704

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »