« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

アイゼントレ

P4300049 GWに向けたトレーニング第2弾。岩稜帯歩きに備え初の「アイゼントレ」。アイゼンと手袋をしたまま壁を登ります。

アイゼンは小さなスタンスも捕まえやすいので思ったより良いが、手袋をはめると手が不安定になるので、足でしっかり登らないと。

世の中GWのムードだけれど、案外広沢寺は混んでいた。われわれ同様、GW後半に備えてのトレーニングなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/29

靴の悩み

富士山の下山時、外反母趾のところが痛くなったのがやはり気になり、購入店に相談しに行ってみた。

P4290047以前、革の重登山靴で同じ悩みを相談し、当たる個所を打ち出してもらったことがある。でも、今の靴はゴムで覆われているので難しいのかなぁと思ったが、多少はできるそうだ。数日お預けした方が良いのだそうだけれど、明日も使用予定だったので、お店にいる小一時間だけやってもらった。様子をみて、GW明けに再度持ち込んでみよう。

これで調子が良いとよいな。

→お悩み靴が順番待ち

| | コメント (2) | トラックバック (0)

食当

Img_2693 GWの山行の食当になってしまった。軽くて手間がかからず、みなが満足できる料理とは???

私にはかなり難しいお題目です。みんなどういうものを食べているのだろう。

とりあえずペミカンを作ることに。

ご近所の方にたまたまいただいたハーブ4種を入れてみたら、ふんわり良い香り。ちょっとよそ行きの顔になった。

=====================

食当(しょくとう)

食事当番のこと。メニュー決め、買い物、調理時の仕切り等を行う。ちなみに酒担(さけたん)=酒担当とは、さんべさんが造った言葉(たぶん)。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/04/27

本日発売 Hanako 5/11 号

本日発売 Hanako 5/11<br />
 号

携帯より速報!33ページを御覧アレ。

立ち読みしそびれた方はこちらへ↓

続きを読む "本日発売 Hanako 5/11 号"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/04/23

登山学校(中-2) 実技講習 岩のぼり①

P4230043_1 あいにくの天候に、せっかくの初回実技は鷹取からストマジに変更になってしまった。インドアと外岩とでは全然ムードが違うだけに、残念だった。でもインドア初めての方も結構いらしたので、それはそれでよかったに違いない。

午前中は初級の方への指導のアシスタントで午後は人工登攀(アブミ)の練習。先週はアブミやっているのなんて我々一組だけだったけれど、今回は3面も占拠してガシャガシャやっていた(右写真)ので、何だろうと思われたに違いない。

S田講師が「アブミは自転車のようなものだ」と言われていた。一度覚えてしまえば後は何年経っても忘れずにできる、ということらしい。ま、自転車に乗れたのも早い方ではなかったので、なかなかうまくいかなくても仕方ない、か。

それにしても、足が新旧の青痣と擦り傷ですごいことになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/22

登山学校(中-1) 机上講習 クライミング

今期最初の机上講習会@横浜へ富士山から直行。中級メンバーは初級からほとんど変わらないけれど、なんだか顔つきがみんな違うぞ!広沢寺での自主トレ帰りのメンバーもあり、私もガンバラネバ!と新鮮な気持ちになる。春はスタートの季節なのです。

初級と分かれて別室で「クライミングで最初に教えること」を自主学習。その内、結び方で盛り上がる。ペットボトルを立ち木に見立ててクローブヒッチ(手タレは飛鳥さん)。

200604222005000200604222006000

初級の皆さんに初めてお会いする。個性も年齢も山歴も色々のようだし、今は戸惑い半分、という感じだけれど、きっと私たちもそうだったんだろうな。

良き仲間となれますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士山で雪トレ

P4220020_1 もうすぐゴールデンウィーク!

やはり楽しみです。入社して間もない頃、GWを楽しみにされている諸先輩方のお姿を見て、その感覚がピンとこなくてちょっと不思議に思ったものでした。でも今ならよく分かる。会社が丸ごとお休みになるGWには、お勤めする者ならではの喜びがあるのです。

さて、今年のGWは今シーズン最後の雪山に入ることを画策中。しかし!パーティ内で一番危なっかしいのはもちろんわたし(だけ)。そこでふたたび富士山に雪トレに繰り出すことに(12月は行ったのに寝込んだ)。

続きを読む "富士山で雪トレ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/20

レモンバーム

Img_2688 朝起きたら食卓にまだ暖かいハーブ・ティーが置いてあった。どうやら父が出勤前に用意したようだ。

生の葉っぱを使ったハーブ・ティはとても優しい感じ。慌しい朝の時間がその瞬間ゆっくり流れ始めるような。

最近庭でハーブの栽培に凝っているらしい。

これまでにもいろいろなコトに凝ってきたけれど、今回の流行りモノはちょっと豊かな感じがして良いな。

==================================

レモンバーム

【学名】Melissa officinalis 【英語】 Lemon balm 【ドイツ語】 Zitronenmelisse シソ科に属する多年生のハーブ。南ヨーロッパ原産。葉はレモンのかおりがする。夏の終わりに蜜を持った小さな白い花をつけ、それはミツバチをひきつける。このことからMelissa(ギリシア語でミツバチ)という名がついた。地上部は冬には枯れる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/17

mixi ミクシィ を始めてみる。

大学時代の友達に、「みんなで掲示板代わりに使うから」と誘われて始めてみた。

最近まわりでチラホラ話に聞くことが増えてきたので、ちょっと興味もあったし。・・・でもなんだかちょっと不思議な世界です。まぁ、ちょっと様子を見てみよう。

2004年2月にスタートした日本発のソーシャル・ネトワーキングサービス(SNS)だとか。300万人以上が利用しているそうなので、ここを読んでいる方の中にも利用者は多いのかな。

=====================

mixiの説明はこちら

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/04/16

アブミに挑戦!

P4160010 鷹取で「アブミをやってみよう!」企画が雨でインドアジムに変更。1年振りにSTONE MAGIC(ストーン・マジック)へ。

ストマジは外までワイワイ感がただよっており、中は案の定大賑わい。そして相変わらずファミリーなムードで子供達がすごいことになっていた。雨だから山っぽい人たちも結構いるようだ。

でも、山っぽい人たちの最たるものが、我々。アブミ。かなり目立っていたような気が・・・。「もうダメ~」と後ろにのけぞったら、たくさんの目が下からこっちを見上げていて慌てて再トライ。見せるようなシロモノじゃないのに。

P4160015_1 慣れないアブミは大変。あちこち打ってすりむいたり痣だらけだったりだけど、ちょっと面白かった。しかしこれを外でやると思うとちょっと信じがたい。

「ピンにやさしい登り方を」

確かに。

今日は久々に、年末に腰の骨を折ったGさんが来た。額に汗してアブミをやる姿を見て、まだまだ本調子ではないにしてもすごく嬉しかった。

←アブミでリードだと、掛けるものがたくさんで大変そう!

===================

アブミ

簡易な縄梯子。オーバーハングを登攀する時などに使用。支点にセットしたアブミに乗って登り、さらに上の支点に次のアブミをセットし、順次登り上げていく。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/14

まだエイトノット?

P4140003 今夜は初めて「T-wall 江戸川橋店 」に来てみた。入るなり、「うわ!ボルダリングの世界だぁ」と感じた。いつもの錦糸町とはちょっと雰囲気違う。でもスタッフの方々も感じ良いし、建物内部が込み入った造りなのがかえって居心地良い感じ。でも、トップロープでは難しめなルートが少ないようで、さんべさん達にはちょっと物足りないようだった。

合間にダブルエイトノットの研究。今日で多分もうバッチリだと思う。ここのところはまっていたけれど、ちょっとスッキリして満足。

ラスト1本。途中で『もう降りよう』と思ったけれど、飛鳥ちゃんの応援で「エイヤ!」と登れた。こっちもスッキリして終われて、ちょっと嬉しかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/13

これで合ってるのか?エイトノット

Img_2679 どうしても気になって夜中にエイトノット。これで良いのでは?と思っているのだけれど・・・。嗚呼いまさらこんなで申し訳ありません>ご指南頂いた皆様

明日ジム予定なので、みんなに確認してみよう。

↓表と裏から

Img_2681 Img_2683

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/10

モデル?

スーパーガイドの長岡健一さんから新しいキレイなパンフレットが届いた。そしたらおや?私がいました(かっきーも)。

Img_2666_1 経験に裏打ちされた長岡さんの講習はとっても勉強になる(後からジワジワ来る感じ)。最近行かれていないけれど、ぜひまた参加させていただきたいな。

この半年、偶然に山で2度ほどお会いした。この世界は狭いな。

=============================

長岡さんの講習に興味のある方はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/09

ロープワーク

学校の実技講習は岩登りから始まる。登るのが下手なのはどうしようもないとしても、ロープワークがちゃんと入っていないのはどう考えてもまずい。

そこで、、、飛鳥ちゃん、サンベさんを誘って某会のRCTにお邪魔しました。

思えば二人と仲良くなったきっかけは、去年4月の最初の実技講習だった。場所も同じ鷹取山。なんだか1年前に思いを馳せてしまうのだった。

で、成果は?P4090011

よく分かっていないことがよく分かりました・・・。

サンベさんが「きれいな(ダブル)エイトノット」を披露してくれた。これまで私がやっていたのでは微妙に違うような。次回写真を撮ろう。

外岩は久しぶり。岩の上から眺める景色は、場所柄海も見渡せて気持ちよかった。去年、やはりここの景色の良さに感動したことを思い出した。いつかカメラを持って登ってみたい。

→凹角(おうかく)登りを練習

=========================

RCT

Rock climbing training 岩登りトレーニング(岩トレ)

エイトノット

ロープの結び方の一種。ダブルエイトノットdouble eight knot、二重八の字結びが正しい呼称だけれどエイトノットと呼んでいる。現在岩登りやクライミングの世界では,ハーネスとメインロープとを連結する際に一番利用されている。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

4月からのこと

春からどうしようかな。

随分悩んだ結果、学校をもう1年続けてみることにした。せっかく始めたから次のステップも、という思いはあったものの、何しろ実力が伴わない。

でも1年間一緒に学んだ友人たちとなら、なんとか頑張れるかもしれない、頑張ってみたい、という思いで決めた。途中で初級に戻ることになるかもしれないけれど(大いに可能性あり)、そうしたらそこで頑張るつもり。ゼロからスタートして、この1年間で色々学ばせていただいたものの、初級の授業でも身についていないことが山ほどあるから。

P40800032005年度の中級は1名だったけれど、今年度は7名でのスタートだ。楽しみ半分、不安半分。いや、不安の方が大きいかな。

それでその先は?

まぁ、またゆっくり考えていこう。

→ 4/8 母校の中学校にて。八重桜が見ごろでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/04/05

ドタバタ京都お花見ツアー②

Img_2616

今回はメグミのツアーに急遽参加。aus LIEBEのたった1日のお休みでも、こんな旅ができるのね。思いついたゆきちゃんに感謝!京都好きのゆきちゃんに道案内をお願いしたら、すっかりお任せモードの我々姉妹。

まずは堺町三条の「イノダ・コーヒー(本店)」へ。今まで飲んだことのない不思議なお味のコーヒーでした。コーヒーの酸味とは言うけれど、これは酸っぱい!昔からこんな個性的な味を楽しんでいたなんて、京都の人は流石だなぁ。

P4050121 錦市場の近く。めぐみの気になる「パティスリー オ・グルニエ・ドール」。ここは西原金蔵シェフのお店。銀座資生堂パーラーの長年の顔の方だったとか。残念ながら今日は定休日(分かっていながらも来た)。お菓子屋さんは水曜定休が多いので、メグミはなかなか行かれません。

続きを読む "ドタバタ京都お花見ツアー②"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/04/04

ドタバタ京都お花見ツアー①出発

19時過ぎ。会社から駆け出そうとした私の背中に別部署の男性から「お急ぎですね?」

「これから新幹線に乗って京都なの!」

続きを読む "ドタバタ京都お花見ツアー①出発"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »