« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006/01/31

お肌対策 その2

IMG_2227

この頃、何となぁく気になり始めた。これまで見ないようにしてきたお肌の・・・。

ダイビングにはまって10年あまり。山に登り始めて数年。ダイバーの皆さんも、山やの皆さんも、ちょっと驚くガードっぷりだったけれど、さすがに積年の無理は隠せない、かな。

ハイチオールC。これって効くの?毎食後と言う説明を読んで、既に挫折しかけ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/01/30

お肌対策 その1

日差しはジリジリと射るようだし、空気は乾燥してカラカラだし、冬山はどう考えてもお肌には最悪な環境。雪山から下界にもどると必ず顔の皮が薄く一皮剥ける。どんな南国の強い日差しでもこうはならないから、やっぱり乾燥がいけないのかな、とは素人診断。

IMG_2223 とりあえず今夜は、砂漠化したお肌にせめてもの潤いを、、、

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006/01/29

登山学校⑳ 実技講習  積雪期登山(2) ~赤岳 2日目~

IMG_2214朝、各々の体調と登頂への意志を確認される。昨日の行者小屋までのコースタイムの遅さ、地蔵尾根は下山に向かないので途中で引き返すのは難しい、等が懸念材料のようだ。もし一人でもリタイアしそうなメンバーが出たなら、全員で下山しようということに。

続きを読む "登山学校⑳ 実技講習  積雪期登山(2) ~赤岳 2日目~"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/28

登山学校⑳ 実技講習  積雪期登山(1) ~赤岳 初日~

とうとう冬山講習。4月から始まったこの学校も終わりが近づいてきたなぁと感じる。

明日、中級は阿弥陀北稜、我々初級は赤岳を目指す。初級は2パーティに分かれる。講師を除くと私たち初級2班は男性2人、女性2人の4人パーティ。CLは我らがさんべさん。

続きを読む "登山学校⑳ 実技講習  積雪期登山(1) ~赤岳 初日~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

グローブトリオ

060127_gloves 凍傷。

今の八ヶ岳はマイナス20度以下にもなるという。風が強ければ体感温度はもっと低いだろう。そんな中で聞こえてくる凍傷の話が気になって、前々から必要だと思っていた未脱脂のウールのグローブを買いに。

続きを読む "グローブトリオ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/26

初めてのペミカン作り

060126_PEMIKAN 今週末の山行の食担(食料担当)です。なぜ私かといえば、ペミカンを作ってみたかったから!

山の食事はかなり重要。失敗したら大変です。でも要はカレーやシチューを作る要領でお肉やお野菜を炒めて、ラード(バター)たっぷりの状態で冷やし固めれば良いようなのです。

でもやってみると、そのたっぷり具合がよくわからない。多かったらちょっと気持ち悪くなりそうだし、少なかったら保存食の意味ないし、、、。

結果どうかな。楽しみ半分、不安半分。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/22

遠征報告会

india01平出和也さんの遠征報告会に行ってきた。

続きを読む "遠征報告会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪かき

060122_yukikaki1朝から 家族総出で雪かき。

この住宅地はこの辺ではちょっとは知られた雪深いところ。チェーンで走っている車もあり、ちゃんと雪かきしないと後が大変です。

続きを読む "雪かき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/21

新規購入冬グッズ④ プローブ

060121_PROBE 来週の山行に向けてやっと購入。冬山基本装備として持たないといけない、、、ですね。長さ×重さ×値段で悩みましたが、何とか軽いものを、とカーボン製のものにしてみました。

PIEPS カーボンゾンデ

重量=200g
全長=315cm
収納時長さ=43cm

=====================================

プローブ(ゾンデ)

雪崩で埋まった遭難者を探す為の道具。埋まった辺りを突き刺して探す。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

朝起きたら

060121_yukiguni 雪国になっていた。

雪が降るとちょっと山に行ったみたいで楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/15

雪崩講習会 2

IMG_21562日目は、雪崩事故が発生した場合の初動捜査について学ぶ。主にはビーコン操作。

その前に、雪崩犬による捜査のデモがあった。雪崩犬のステッカーが貼ってある車の存在は昨日の朝からかなり気になっていた。

続きを読む "雪崩講習会 2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/14

雪崩講習会 1

年末の机上講習会に引き続き、実技講習会に参加。折りしも大雪と急な気温の上昇が重なり、絶好の雪崩日和の週末となった。

谷川岳、土合周辺にて雪質観察。真っ白な雪もよく見ると違う種類が層になっているのが分かる。

060114_yuikinoondo

雪の温度を測る。雪は深さによって温度差があるのだ・・・知らなかった。でも測ってみるとその差は歴然。

←雪の中に温度計を挿して測る

続きを読む "雪崩講習会 1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/10

今年もまたお誕生日

060110_FLOWERお誕生日は、同じ思い出すにしても楽しく明るい気分になれるから良い。

お花を買って帰宅するとメグミが、「今日は(母の)おかげでお客様が一杯見えたな」と言っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/09

おすすめ!久昇(きゅうしょう)本店

200601091919000 藤沢駅前のお店。大事なお店なのでいつかここにちゃんと載せようと思っていたのに、たまたま地元でご飯を食べることになり、「そうだ!久昇行こう!」と突然行ってしまいました(で、携帯にて撮影)。

居酒屋さんになるのかな。でも、いわゆる居酒屋といってしまうのは納得できない味わい深いお店です。

続きを読む "おすすめ!久昇(きゅうしょう)本店"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/06

WARM BIZってどうなの?

main_header 冬になって、会社は月曜日がとても寒い。どうやらビル全体が冷え切っているかららしい(古いビルだから?)。

新年最初の5日。冷え切ったビルは案の定とっても寒かった。もちろんひざかけは掛けているけれど、寒くて寒くてキーボードの手が動かなかった。隣の部署から、「寒くて口が回らないわ」との女性の声。すれ違った下のフロアの女性に、「カイロあげようか?」と聞いたら「持ってまーす^^」と抱えた書類の間から手にもっているのを見せてくれた。上のフロアでは、コートを着て仕事をしているという話も聞こえてきた。

続きを読む "WARM BIZってどうなの?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/04

網笠山 ~ダーズ新年山行~

060104_yuhodo 編笠山は雪のない時期に二度ほど来た

穏やかな山だ。

冬はどんなだろう。

通行止めのため、夏の登山口である観音平まで1時間半程歩く。そこまでの道のりには途中、こーんな広くてまっすぐな遊歩道。これで遊歩道?鹿の鳴き声がキュンキュンと響き、時折遠くの方にちらりとその姿を見せる。

続きを読む "網笠山 ~ダーズ新年山行~"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/01/03

ダーズ新年会

ダーズのみんなと新年山行。

もちろん企画立案は飛鳥ちゃん、CLはわれらがMM。そして、マーヤ、ポコ先輩、さんべさん。つまりいつものメンバー。

目指すは明日、網笠山(八ヶ岳)。

新年会は今夜、登山口下の観音平駐車場テント内にて。

か・な・り寒い新年会でした。

でも心はアッタカポッカポカ。新年早々、ここにこうして皆で集まれただけですごく幸せ。

今年もこの楽しいメンバーと楽しく山に登っていたいとしみじみと思うのだった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/01/02

谷川岳 西黒尾根

西黒尾根を森林限界まで目指そうと言うことで、再度下から出発。昨夜降雪がなかった為トレースはバッチリ。昨日2時間かかった鉄塔までの道のりは30分で着いた。その先もトレースがつながっていたので難なく進むことができた。先を行く皆様に感謝。昨日の経験があって、今日のありがたみが分かると言う物だ。これまでほとんどトレースのあるところしか行ったことがなかったので、トレースのあるなしでは雲泥の差があることを実感する。コースタイムなど、雪山では当てにならないのだなぁと思う。060102_cornice

崩れ落ちそうな雪庇。うっかりこんなところを歩いたら大変!→

続きを読む "谷川岳 西黒尾根"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/01

谷川にて元旦を過ごす

見上げると、そこからはトレースのない雪面の広がり。人を寄せ付けないように感じ、一瞬ひるむ。2週間前に雪トレで来た時と全然違う様相だ。鉄塔まで上がって雪洞を掘ろうということだったけれど、その鉄塔までがやたらと遠いのだった。最後の頃に後ろから来た某山岳会の方が「遅くなってすみません。なかなか追いつけなくて。代わります」と。なるほど、こういうのがラッセルのマナーなのか、と思う。結局、鉄塔まで2時間のラッセル(私の貢献度:4%の時間と1%の距離)。

鉄塔の足元に雪洞を掘ることに。2時間かかって完成(私の貢献度:0.001%位)。前回の雪洞泊でも思ったけれど、足は濡れてしまうし時間はかかるし、雪洞を掘るのってすごく大変。次回は2月の講習で掘るはず。しっかり自分で掘らなくては!

IMG_2045 初めてペミカン(※)のシチューをご馳走になる。これが噂のペミカンね。なかなかのご馳走です。写真を撮らずに失敗。

せっかく雪洞を掘ったけれど、色々考えて下山することに。2006年の最初の日なだけに、撤退するようでくやしい思いだった。

===========================

※ペミカン

山での携行食。作り方&食べ方はこんな感じ(でも今回のは全部ラードではなくて半分バターなのだそうな)。語源はこんな感じ。(無断引用してます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

こうして2006年をこの場で迎えることができるのも、昨年ここにお立ち寄りいただいた全ての皆様のおかげです。どうもありがとうございました。

これからも思いつくことを思いつくままに書いていきたいと思います。何か共感していただけることがあったら嬉しいです。よろしければどうぞこれからもお付き合いください。

皆様におかれましても、今日から始まる1年が、楽しく充実の日々でありますようにお祈り申し上げます。

2006年 元旦

追記:今日からちょっと出かけます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »