« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004/10/31

見えない努力

4時間45分

本日 美容院に滞在した時間
毎度のことながら 疲れました

でも 大概 誰にも気付かれない・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

てんこちゃんからの季節便 その1

IMG_0614.jpg

栃木に暮らす友人から送られてきた柚子

いつもながら 栃木の清々しい空気と
てんこちゃんの笑顔が舞い込んでくるような贈り物

もう何年も会ってないのに 忘れずにいてくれる

学生時代の友人とはありがたいものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/30

二人のお誕生会

この家とも もうすぐお別れ
今夜のパーティは 良い思い出になりそう

IMG_0625.jpg

私と義姉は同じ日に生まれました

IMG_0616.jpg

メグミと子供たちの合作ケーキ
スワンシュークリームがたくさん乗っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/29

Buddyの結婚

パラオ、モルディブ、バリ、タイ、リロアン、サイパン、ラパス、
マブール、久米、西表、与那国、宮古、小笠原、、、

そう もう何年も 二人で世界の海を潜ってきた

2月のモルディブ
クルーズ船で出会ったKさん
彼と結婚するとは驚きました
きっと大人だから ゆきちゃんを大きく包んでくれるよ
なによりこれまで結婚に消極的だったゆきちゃんが
一歩踏み出す気持ちになれたことが嬉しい

春から彼の住むシンガポールに行ってしまうけれど
これからも時には現地集合で潜りに行きましょうね
(Kさん よろしくお願いします)

IMG_0077.jpg

↑2004年2月クルーズ船にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/28

お誕生日に

IMG_0610.jpg

私は優しい人たちに囲まれて
たぶんとても幸せな人なのだと思う

ただ そう思うとき なぜかちょっと不安がよぎる

幸せな時間を過ごしていると
今を  この瞬間をちゃんと憶えておこうと思う

いつでも思い出せるように大切に引き出しにしまっておこうと思う

  * * * * *

たくさんの人に感謝しつつ
良い一年にしよう


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/27

誰だって不安なときはある

初めてMRIを受けた

検査室を出ると 普通の勤め人とはちょっと違う
派手めないでたちの男性が私を見上げている

ごま塩頭にあごひげの強面のその男性がいきなり尋ねてきた

「痛くないのか」
-痛くないですよ 寝ちゃいそうですよ
「時間はどれくらいだったか」
-30分位ですよ
「おれは結構太っているが そんなに狭いのか」
-大丈夫ですよ 土管の中に寝るみたいなものですよ(寝た事ないけど)
「そんなにうるさいのか」
-工事現場で寝てるみたいな感じですよ
「あんたはどこの部分の検査だい」
「そうか やっぱりな 俺もだ」
- (・・・やっぱりって・・・)

すれ違いざまのほんの1-2分の間にとにかく矢継ぎ早に質問してくる

「あー 俺は病院が苦手なんだ。何とか恐怖症はダメだって言うし」
- (・・・あ、閉所恐怖症ね・・・)

閉まりかける検査室のドアの奥からも
「狭いなぁ こんなんで相撲取りは入るのか・・・云々」

検査前説明が丁寧なのは 正しいことだけど
過ぎると不安をあおって逆効果になることもあるようだ と思った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父のお買物

IMG_0601.jpg

沖縄ショップ「わした」フリークです
もちろんポイントカードも持っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/26

5日目の世界

041026.jpg

病院の中にあって産婦人科とは なんとも不思議な空間
ピンクのベールに包まれている

台風とか 大地震とか
世の中の出来事も ここでは別世界のデキゴト
口から出た言葉が空を切る

母と子が生きる ただそれだけが大切なこと

まだ本当に小さいけれど
おっぱいを ぐいぐい飲んで
すごい勢いで大きくなっているんだね

ただそれだけ が とても大切

0410262.jpg

↑生まれてすぐは土踏まずがないのね~

※今夜 明日香ちゃんに会いに行って来ました

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/10/25

新潟県中越地震 その2

うちの商品は新潟県燕市の会社で作っているので
今日は朝から今後の対応に追われました

工場と社員の方は大丈夫だったそうですが
部品などの協力工場が被害を受けてるとか
しばらく影響は受けそうです

でも昨日 つまり地震の翌日に出勤し 商品を発送したそうで
今朝 たくさん納品されていたのには驚かされました

月末なのでこちらは助かりましたが・・・
商品発送してる場合なのかなぁ

宅配業者のあくまでも最短で運ぼうとするたくましさにも驚かされました

明日はお天気悪そうで 被災地は大変なのでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/24

新潟県中越地震

今 同じ日本の中で 大災害にあわれているたくさんの方々がいる
だけど私は普通の生活をしている

ニュースでは刻々と変わる惨事の様子を報じている
私は普通の世界から ブラウン管に切り取られた被災地を見ている

阪神・淡路大震災から間もなく10年
少し気が緩んだ私たちに警笛をならすかのように
その大地震は起こった

昨日の揺れを一緒に体感しているだけに
自分はここでこうしていて良いのだろうかと 思わされる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一国一城の主たるや

念願のベッドを買いました!

収納たっぷりでお値段もそこそこ
なかなか気に入りました

「じゃぁ これでお願いします」と言いかけたら
メグミがすかさず
「で、2台買うのだからどれくらいお安くしていただけるのですか?」
「お引越しまでに、他にもいろいろこちらで揃えますよ」

にこっと笑ってズバッと言う
まるでスッカリ手の内を読まれているようで 店員さんもタジタジ
結局上の人が出てきて 多少ながらも値引きしていただけました

我が妹とは思えないあざやかな交渉っぷりに 至極感心しました
ポイントは『①構えない②目をそらさない』だそうです

ダメだ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/23

明日香ちゃん、お誕生おめでとう!

sakko お疲れ様!
スピード恋愛 スピード結婚 スピード出産だったこの丸1年
やっと一息?
でもきっとこれからが大変なのね

わたしたちがこれまで過ごしてきた生活とは全然違う新しい世界
きっとまだまだたくさんの感動が待っている

女性はやっぱりすごいのだ!
と 赤ちゃん誕生のnewsに出会う度に思う

sakko、本当におめでとう

20041022_1328_.jpg

↑2004.10.22 お誕生直後

20041023_1256_.jpg

↑24時間後
==================================================
Photo by sakko

| | コメント (6) | トラックバック (0)

青森から来たリンゴ

トラックに林檎を積んで
その若者はやってきたそうです

お年寄り夫婦お二人住まいが多いこの住宅地で
どこのお宅も買ってあげたくてもそんなたくさん買ってあげられない

だからその中の一軒がケーキ屋さんだと分かったときは
嬉しかっただろうな
きっとすごくほっとしたんじゃないかな

青森から来た林檎達は
Wiener Apfel Kuchen(ウィーン風林檎ケーキ) になりました

きっと林檎も喜んでる

IMG_0584.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/22

思いがけず

飲み会の席に
まさかの真っ白なバースデーケーキ!

IMG_0577-1.jpg

お友達何人もにお祝いして頂けるなんて いつ以来でしょう

ふと
家にお友達が大勢集まった
小学校の頃のお誕生会を 思い出していました
(その時もいた人: 約1名)

みなさま あったかい時間をありがとうございました
良い一年になりそうだなぁ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004/10/21

Hちゃんからのメール その2

知らせてきた結婚のお相手は
私も良く知る知的で暖かい感じの方
私も大好きな方だった

これまでたくさん傷付いてきたけど
これで幸せになれる
改めてホッとした

『いろいろ考えた結果、決めました。
何かと非難されるかもしれないと心配はしていますが、
決断しました。』

え?
幸せになろうとする二人を誰が非難するというの?
目を疑った

2度目の社内結婚は 新たな出発をしようとする二人に
少なからず陰を落としているようだった

Hちゃん
皆に祝福されて 堂々と幸せになれば良いのよ!

夜道を歩きながら ちょっと泣きそうになった

=========================================
甲斐駒ケ岳のアルバムUPしました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/20

めざせ試食の達人!

「今日はおやつがありま~す ^ ^」
帰宅するなりメグミが ワクワクした目で言った

その目は、、、ちょっと警戒する

やはり試作品だった
今日はパウンドケーキが2種

やや緊張しつつ食す
いかん いかん 自然体で!
自分に言い聞かせる

感想を期待しているのは分かるが たとえ妹でもプロを前に
して何を言おう
一般の人の つまり素人の意見を聞きたいのだろう
それは分かる
だから何か気の効いたコメントでも言ってあげられたら良い
のだが なかなかそうもいかない

そうして毎回緊張が走るのだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/19

はたらくこと

入社して初めて等級が上がった

同期女性63名の内 知る限りこれまで他に1人だけ
昔体質の会社で 女性が評価されるのは極めて難しいのだと
みんな諦めてきた

それが今さら審査を通るとは、、、

でも全てはタイミング 会社側の都合次第
タイミングを逃したベテランの先輩方との関係が微妙だ
見つめる視線の厳しさを よく分かっている

男性は男性であるというだけで 何も考えずに
ある程度までは自然に等級が上がっていく

女性は一つ上がることが
こんなにオオゴトだというのに

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/18

部長の切り抜き Vol.1

切り抜き好きのH部長から今日は2つの記事をいただく

本日のミニ情報①

IMG_0569.jpg

朝日新聞で読みました
もちろん私は日本語版ですが

本日のミニ情報②

IMG_0572.jpg

「こういうの興味あったよね」と
よくお分かりで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/17

甲斐駒ケ岳

IMG_0561.jpg

南アルプスの名峰甲斐駒ケ岳へ
限りなく青く抜ける秋の空に 花崗岩の白さがまぶしい

パズルのような日程を調整して やっとこの日を迎え
みんなで来られたことが 本当に嬉しくて たくさん笑った

O隊長 お疲れさまでした

====================================================
10月16日(土) 11:25北沢峠登山口~12:05仙水小屋12:35~
13:20仙水峠~14:00栗沢山中腹~15:45仙水小屋
10月17日(日) 5:00仙水小屋~5:35仙水峠~9:37甲斐駒ケ岳山頂

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/10/15

口ひげ

会社のことは何でも知っている関西弁の庶務のOさん
会社はOさんのような人がいて回っている
みんなそう思ってた

突然の出向辞令は大きな波紋を呼んだ
定年まで後3年
リストラ?
その出向先を聞いて誰もがそう思ったはず

「Oさん 春位から そう あの髭をはやし始めた頃から
ちょっと様子がおかしかったんだよね
何か言われていたのかな」

向かいに座る同期のSクンが言った

「そう言えば 前に髭をはやした時も・・・」
二人で顔を見合わせた

今日 穏やかな笑顔でお別れの挨拶をされていた

いかつい口髭が 心なしか痛々しく思えた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/13

昨日の朝の通勤電車で

私は突然 その女性の介抱役に抜擢されました
少し年下の 同じような会社勤めの女性のようだ

倒れた彼女に席を譲ったところ
隣に座っていた男性が「いや 女性の方が・・・」と言い
乗客に紛れようとしていた私を彼女の横に座らせたのだ

脂汗を流し 苦痛に顔を歪め 普通には座っていられない様子
「どうしよう、、、」

でも 成り行きで 励ましたりさすったりしている内に
不思議なもので ‘守ってあげなくちゃ’的な気持ちがムクムクと沸いてくるのを感じた

東京駅に着いて レスキュー講習さながら彼女を駅員室に運び込み
寝かせて 手持ちの薬を飲ませて・・・

別れ際 「頑張るのよ」と言い 自然に頭をなでていた
まるで昔からの友達に接するかのように

全然知らない人なのに
ほんの30分くらいの出来事だったのに

自分の中に生まれたモノが不思議な感覚で一日心に残った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/12

脱出!

20041012.jpg

10年以上毎日モノレールに乗っているけれど
そんな体験 これまでしたことありません

今夜モノレールが停電して 妹が閉じ込められました
2時間以上の缶詰の挙句
とうとう袋で脱出!

「大変ね、頑張って!」とメールしつつ
本当はそんな体験がちょっと面白そうだな などと思ったりするのでした

「荷物行きまーす!」
「傘行きまーす!」
「お客様行きまーす!」

降りたところには
梯子車、救急車、パトカーなどが集まっていたそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/11

三ツ峠山

下山路
人のあまり入っていない尾根道をいく

名前などどこにも書いていない控えめな山が連なる
ほてった体に稜線を渡る秋風が心地よい
紅葉一歩手前の静かな山道

ゆっくりと気持ちが開放されていくのを感じる

========================================
10:35登山口~12:00三つ峠山荘/昼食~13:15開運山山頂
~14:20御巣鷹山~茶臼山~大幡山~清八林道~16:20登山口
IMG_0480-2.jpg
IMG_0488.jpg
富士山の眺望とロッククライミング(小さい人が見えますか?)で有名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/09

台風22号

大きな被害がなかったので言えるのだけれど
大雪とか大雨とか
窓の外を眺めていられるのなら そんな一日も悪くない

台風が来るといつも
台風クラブ』という映画を思い出す
台風が近づくにつれてテンションが上がっていく
その感じはちょっと分かる

暴風雨がそろそろ最高潮という頃
妹がびしょ濡れになって帰ってきた
「うわー 大変だったねぇ」
早速 coffee break
避難っぽく わざとモンカフェ

いつもより夜も長い
「映画を借りておけば良かったね」

夜 すっかり雨が上がった外を歩いてみる
もうちょっとあの感じを楽しんでいたかったな などと
思いながら

============================================
今夜のデザート:いちぢくのコンポート by Megumi
041009.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/08

赤いバッグ

0410008.jpg

食卓の椅子に掛かっているバッグ
7月にお引越しをして 別の家に住み始めても
変わらず掛かっている
16年の歳月で 日に焼けてかなり古ぼけているものの
もう わが家の情景の一部なので 誰も気にしません

今日は母の命日
昭和63年は 昭和が終わろうとしている
時代の節目のような年でした


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/06

Hちゃんからのメール その1

「明日お引越しをします」
「結婚することにしました」
そして今夜 「昨日入籍をしました」

ここ数日 携帯に届いた慌しくも嬉しいメール

Hちゃんからのメールが 辛いできごとの連絡
ばかりになったのは いつ頃からだった?

同期で入社して 人一倍頑張っていたのは
私が一番知っていたつもり
でもこの夏 ボロボロになって辞めていくのを
ただ見守るしかなかった

そう
あの誰からも愛される 陽だまりのような笑顔でいられる場所を
また見つけたのね

「今とっても幸せです」
ちょうど今 メールが来ました

どうかこれからも…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/05

どしゃ降りの鎌倉

IMG_0456.jpg

いまやTorstenはルフトハンザのパイロット
10時間旅客機を飛ばしてやって来ました

でも真っ先に思い浮かぶのは
アイスクリームを 容器ごと抱えて食べていた
無邪気な男の子の笑顔

次回は桜の季節に来たい と言っていました
その時は 晴れた日本に降り立って欲しいな

また お待ちしています


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/04

金木犀

駅を降りたら
夜の住宅地は金木犀の香りに包まれていました

毎年必ず はっとさせられるこんな一日がある

珊瑚が満月の晩に一斉に産卵をするように
花も一斉に開くのかな

眠った街に思いがけない生命の息吹を感じ
足を止め 大きくひとつ息を吸ってみた


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/03

夏緒ちゃん

IMG_0455.jpg

はじめまして こんにちは

8月22日の早朝
私たちが富士山の山頂に立ったその時刻
かおちゃんはこの世に生まれたのでしたね

冷たい夜の闇を越え
ほの白いガスの中にいた私たちに
にわかに射しこんできた温かい朝の光
私たちは神々しいような気持ちで迎えました

かおちゃん 私たちは皆で待っていましたよ

お誕生おめでとう


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/10/02

十七回忌に 母へ

IMG_0423.jpg

気付けば16年が過ぎていたけれど
ウチは昔と変わらず明るい笑顔でいっぱい
あれから生まれた孫たちも
こんなに大きくなりました

私たちの中心で一番元気に笑ってそう
いまでもそう思える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »